特別取材レポート ジャパンインターナショナルボートショー2018|イージーボート・プラス

中古艇・中古ボート・中古船の販売ならイージーボート・プラス

現在の掲載艇数903

ジャパン インターナショナル ボートショー2018

3月8日から11日の4日間、『ジャパン インターナショナル ボートショー2018』が開催されました。今年のテーマは「海・心満たされる時間…」。会場のパシフィコ横浜には国内のボート&エンジン、航海機器、艤装品やアパレル関連商品などが数多く展示され、ステージイベントは今年もさまざまな内容と企画で盛り上げました。第2会場の横浜ベイサイドマリーナには国内外のプレジャーボートが顔を揃え、フローティング展示ならでの臨場感を来場者に提供。世界規模のラインナップは圧巻。来場者の“心満たされる時間”を演出していました。

横浜中古艇フェア

セントラル

  • YF-23
  • FAST23
  • FAST26

中古艇Pick Up!!
YF-24FSR、FAST-23、SR-X

YF-24はヤマハフィッシングボートの中でもトップクラスの売れ線モデルで、中古艇としては回転が早い希少な人気艇。ボリュームのある艇体で外洋にも攻め込めんでいけるスタイルと走りに加え、サポートリモコンで流し釣りにも好対応。FAST-23はアイパイロットを装備しているため一人釣行もOKで、内湾でのルアーフィッシングには最適のモデル。陸置艇なので状態も良好。マルチな20Ft艇のSR-Xは入門艇にぴったり。販売店詳細はこちら >>

  • YF-23
  • FAST23
  • SR-X
営業部・小林正人さん
営業部・小林正人さん
当社は船舶免許取得からメンテナンスまでしっかりとした対応が可能で、スタッフも多くお客様をマンツーマン体制で“顔の見えるおつき合い”をさせていだだきます。直営の木更津マリーナはなんといっても保管料の安さがウリ。関東近県にお住まいの方も日帰りでボートライフを楽しめ、釣りや各種クルージングスポットにも恵まれています

ニューポート江戸川

  • UF-26
  • FR-23EX
  • FR-23EX

中古艇Pick Up!!
UF-26、FR-23EX

F225エンジン新品換装のUF-26は内装シートも新品張替、パワーメイトやドライバーズシート、ロッドホルダーなど装備品のほとんどが新品だ。もともとクラブ艇として使用されていたためコンディションも良好で陸置艇の美艇。波切り&走りもいいので沖にも出られるのもこのフネの長所。エアコン付き(冷房専用)のFR-23EXはGPS魚探やオーパイ、LED航海灯などが新品。スパンカーなどの装備も充実。FSR搭載。販売店詳細はこちら >>

  • UF-26
  • FR-23EX
  • FR-23EX
サービスグループ主任・村山留唯さん
サービスグループ主任・村山留唯さん
当社には自社マリーナ&工場がありますのでアフターサービスも万全。オーナー様と一緒に楽しむ行事、操船技術を向上させる講習会など多様な催しを行なうなど、人と人の繋がりを大切にすることを心掛けています。お客様のマリンライフをトータルサポート致しますので、ご相談下さい。4月以降のイベントや中古艇の試乗もお気軽にお問い合わせください!

ヤマハ発動機

  • 24Siesta
  • YF-24
  • YF-23

中古艇Pick Up!!
24Siesta、YF-24、YF-23

ファミリーボートとして大ヒットした24Siestaはエンジン新品換装済みでキャビン内のカーペット&シートも新調。スクエアバウや走行中の高いドライ性能、乗り味なども好評のベストセラーモデル・YF-24は、現在ヒット中のYFR24の基本性能のベースとなっている、完成度の高いフネだ。オープンボートのSR-Xはファミリー向け。すべて横浜ベイサイドマリーナ「Bバース1年分の保管料」が艇体価格に含まれている。販売店詳細はこちら >>

  • 24Siesta
  • YF-24
  • YF-23
ヤマハ発動機 マリン事業部 横浜店・権丈和之さん
ヤマハ発動機 マリン事業部 横浜店・権丈和之さん
エンジンの載せ替えや細かなメンテナンスなど、メーカー直結だからこそできるように、直営ならではのトータル・サポートが当社の大きな特長です。横浜店にはボートの常設展示場や技術力のあるメカニックの活躍するサービス工場、レンタルボート(クラブ)などもありますので、お客様の様々なニーズに幅広く対応できると思いますよ!

キーサイド

  • SR-X
  • SR-X
  • SR-X

中古艇Pick Up!!
SR-X

SR-Xはデザイン面はもちろん、クラス最高の静止安定性と走行性能&機能、そして価格面も含めたトータルバランスを追求したフィッシングボート。その軽快な走りとデッキ上での釣りのための空間も評価は高い。今回展示された中古艇のオールカバー、スパンカーはほぼ新品。バウレール、スタンレール、航海灯、GPS魚探、電動マリントイレなども装備。エンクロージャーおよび運転席のオールカバーも付いた美艇だ。販売店詳細はこちら >>

  • SR-X
  • SR-X
  • SR-X
サービスエンジニア 白石政人さん
サービスエンジニア 白石政人さん
フネは売って終わりではなく“買っていただいてからが、おつきあいのスタート”です。当社では独自のオペレーションシステム、サービススタッフ5名で24時間対応も可能な体制を整備するなど、お客様に満足いただけるサービスを提供していきます。春には試乗会を行う予定もあります。また、展示場のボートは全艇試乗可能です。詳細はお問い合わせ下さい!

ニックスマリンコーポレーション

  • ヘリテージ20
  • ヘリテージ20
  • ヘリテージ20

中古艇Pick Up!!
ヘリテージ20

20Ft.のスポーツフィッシャー、ヘリテージ20は小型ながらも、フレアがあり波切りのいい船型でキビキビとした走りを実現してモデルだ。湾内でのルアーフィッシングはもちろん、ライトフィッシングには最適だろう。FRP&アルミ製のTトップ、GPS魚探、ウインドラス、清水タンク&シャワー、ロッドホルダー、ロケットランチャー、サーチライト、トランサムステップなどを装備。アワメーター=22時間と少ないのもポイント。販売店詳細はこちら >>

  • ヘリテージ20
  • ヘリテージ20
  • ヘリテージ20
代表取締役・工藤義照さん
代表取締役・工藤義照さん
欧州の名艇の取扱いをはじめ、国内外の中古艇販売を行っています。ビギナーの方には操船練習はもちろんクルージングのノウハウ等も提供するなど、幅広く海遊びのお手伝いをさせていただいています。今回ご紹介しているウイングフィッシャー26は、フィッシングユーザーの期待に応える一艇です。艇に対する質問等はお気軽にお問い合わせ下さい。

コバルト

  • FC-24
  • FC-24
  • FC-24

中古艇Pick Up!!
FC-24

R24と同じバウを使用しているFC-24は、H8年登録の中古艇。「ここまでくれば(取り扱いに)気を使うこともない(笑)」と宮内さんもいうように、4ストエンジン搭載で250万円という価格帯を含め、GPS魚探、マリントイレ、イケス、ステレオ、ウインドラスを装備したお手頃艇だ。お手軽クルージングはもちろん、デッキスペースも十分で釣りにもきっちり対応。“お一人様”でも家族や仲間内での遊びにも活躍してくれそう。販売店詳細はこちら >>

  • FC-24
  • FC-24
  • FC-24
代表取締役・宮内弘さん
代表取締役・宮内弘さん
中古艇を探すときのポイントとしては、遊ぶ目的やサイズ、予算等を含めて、まずご自分がなにをして楽しみたいのかをイメージすることが大切だと思います。マリーナの環境や楽しめる雰囲気があるかも重要な要素です。当社にはマリーナもありますし色んな仲間がいます。中古艇購入から、週末のマリンライフまで、なんでもお気軽にお尋ね下さい!

マリンゲート

  • Sea Ray 245 WE
  • Sea Ray 245 WE
  • Sea Ray 245 WE

中古艇Pick Up!!
Sea Ray 245 WE

モデル名の「WE(ウイークエンダー)」が示すように週末のボートピクニックやアーバンクルーズなど幅広い海での週末遊びが楽しめるフネだ。小サイズながら大人数でも楽しめるモデルで操作性(取り回し)も◎。装備品はGPS魚探、ビミニトップ、マリントイレに加え、ギャレーやオーディオも。01年登録艇ながらコックピットシート全面張替えも施してあり状態は優良だ。陸電システム&関節冷却システムを備えている。販売店詳細はこちら >>

  • Sea Ray 245 WE
  • Sea Ray 245 WE
  • Sea Ray 245 WE
代表取締役・佐藤徳之さん
代表取締役・佐藤徳之さん
シーレイ/メリディアン関東販売代理店、トヨタマリン販売サービス協力店です。長年の経験によって培ったハード&ソフト面のサービスとノウハウを、ボートビギナーからハードユーザー、ベテランシーマンまで幅広くご提供・対応致します。フネの操船技術や週末ボート遊びのサポートなど、皆さまのボートライフにマリンゲートをお役立て下さい!

ボートショー2018 出展トピックス

  • ヤマハ
  • ヤマハ
  • ヤマハ
  • ヤマハ
  • ヤマハ
  • ヤマハ

ヤマハ

ヤマハトップクラスの速度を誇るSR330(7月発売予定)をはじめ定点保持機能を追加した新「HELM MASTER」を採用して新発売するSR320FB、広いキャビンと釣りやすさを追求したDFR-33(BOTY2017「Best Fishing部門賞」受賞)などを展示。YBM会場では6月発売のプレミアムヨット、ヤマハ最高級サロンクルーザー「EXULT 43」を出展した。

  • トヨタ
  • トヨタ
  • トヨタ
  • トヨタ
  • トヨタ
  • トヨタ

トヨタ

ヤンマーとの共同開発「トヨタハイブリッドハル」を採用し「BOYT2016」を獲得したPONAM-28Vを展示。もうひとつ、来場者の目を釘付けにしたのが「LEXUS SportsYacht Concept」だ。昨年アメリカで発表以来、世界から注目を集めるこのフネはトヨタ社長肝いりのニューモデル。優れた遊び心と開拓精神をカタチにしたインパクトは大。

  • ヤンマー
  • ヤンマー
  • ヤンマー
  • ヤンマー
  • ヤンマー
  • ヤンマー

ヤンマー

ヒットセラー・EX38とFX24EZにそれぞれ特別艤装を施して展示したほか、最先端のフィッシャビリティーを追求した次世代フィッシングクルーザー「EX34」が満を持して登場。派手さこそないものの、ヘビーユーザーに高い支持を誇るモデルだけに“海上デビュー”が今から楽しみだ。参考出展された「SUSPENSION BOAT」も見ごたえアリだった。

  • スズキ
  • スズキ
  • スズキ
  • スズキ
  • スズキ
  • スズキ

スズキ

スズキブースは同社のブランドスローガン「THE ULTIMATE 4-STROKE OUTBOARD」を体現する最新技術を投入した「DF-350A」(フラッグシップモデル)をはじめ、レギュラーガソリン仕様では同社最大出力のDF325Aやクラス最軽量モデルのDF100Bなど最新の船外機が勢揃い。根強い人気を誇るフィッシングボート「FAVAS」も展示された。

  • ホンダ
  • ホンダ
  • ホンダ
  • ホンダ
  • ホンダ
  • ホンダ

ホンダ

“人々の暮らしに役に立つ”をコンセプトに掲げるホンダは新型BF250(国内販売は12月予定)をはじめ、電子制御により常にスムーズで確実なシフト操作と素早く的確なスロットルコントロールを実現させた「電子スロットル&シフトシステム(プロトタイプ。新型BF250/225/200/175に採用)、そしてNMEA2000対応デジタルメーターなどを展示。

  • トーハツ
  • トーハツ
  • トーハツ
  • トーハツ
  • トーハツ
  • トーハツ

トーハツ

新しいブランド推進活動の象徴として、新ブランドロゴ「Tohatsu Blue Wings」を発表。ニューロゴのテーマは“ボートをもっと素敵に楽しんでいただくため”に。そのための技術として「Simpliq Technology」を打ち出し「シンプルであること」「使いやすいこと」「品質面での高さ」という3つの特徴を提示したトーハツ。今後の展開は注目を集めそう。

  • 本多電子
  • 本多電子
  • 本多電子
  • 本多電子
  • 本多電子
  • 本多電子

本多電子

プロッタ魚探の新商品でデプスマッピング機能対応(オプション)の9型ワイドの先進モデル「HDX-9」を展示。デプスマッピングとは、魚探の深度情報とGPSの位置情報を利用して画面の地図の上に海底地形を描写する機能で、海底の起伏や漁礁などが可視化されるもの。このほか、人気のカンタンナビシリーズも8.4型、10.4型の2つの新商品を展示した。

  • 古野電気
  • 古野電気
  • 古野電気
  • 古野電気
  • 古野電気
  • 古野電気

古野電気

GPSプロッタ魚探「GP-1871F(7型ワイド)」と「GP-1971F(9型ワイド)」の新製品を発表、展示(いずれも6月発売)。“圧倒的な高分解能映像を提供するチャープ魚探対応に加え、グラフィカルなマルチタッチ画面によってスマート操作を実現する”というマリンギアだ。釣行の際の相棒候補、その操作性を体感できるブースは例年通りの賑わいであった。

  • テクノマーレ
  • テクノマーレ
  • テクノマーレ
  • テクノマーレ
  • テクノマーレ
  • テクノマーレ

テクノマーレ

取り扱いを行っているアブソルート52FLYが「ボート・オブ・ザ・イヤー2017」の大型艇部門賞を受賞。イタリア艇ならではのセンスを感じさせる同モデルのAbsoluteは世界的にも注目度の高いビルダーで、年間建造数は86隻(2017年度)。角のないアールをふんだんに取り入れた船内家具や高い居住性、アクティビティは高いオリジナル性を感じさせる。

  • キーサイド
  • キーサイド
  • キーサイド
  • キーサイド
  • キーサイド
  • キーサイド

キーサイド

ビルフィッシュトーナメントなどでも独特のオーラを放つバイキングとカボを展示。バイキングは従来のモデルよりも一層の走行性能を実現させた船形と、広い船幅(船腹)の利点を生かしたサロンや宿泊施設を持つ48Cと52Cを出展。カボはデッドライズ18.5度のディープV船形で洋上を駆け抜けるCABO43を出展。いつ見ても憧れを抱かせるラインナップだ。

  • リビエラリゾート
  • リビエラリゾート
  • リビエラリゾート
  • リビエラリゾート
  • リビエラリゾート
  • リビエラリゾート

リビエラリゾート

140年の歴史を誇るイタリアのボートビルダー・クランキの「CRANCHI 60 FLY」を出展。このモデルはいい意味で欧州らしからぬシンプルさとシックで上質な内装&デザインが特長。タイプによって様々な表情と作りを見せるものクランキの魅力だが、このモデルの場合もフライブリッジの開放感と宿泊空間の品質、サロンの空間など見どころは満載だった。

  • アインスAリゾート
  • アインスAリゾート
  • アインスAリゾート
  • アインスAリゾート
  • アインスAリゾート
  • アインスAリゾート

アインスAリゾート

YBMにSea Ray SUNDANCER 460を出展。同モデルはシーレイ独自のラグジュアリー感を持ちながら、33~35ノットを記録する走行感も魅力のミドルレンジ。アメリカ艇らしい直線とシンプルさ、ゆったり感を残しつつもヨーロッパテイストを適所に盛り込む巧みさもシーレイらしさ。遊び方、楽しみ方の想像を膨らませてくれるのもまたシーレイである。

ボートオブザイヤー2017

  • 2017ボートオブザイヤー

ボートオブザイヤー

2017年の『日本ボート・オブ・ザ・イヤー』に輝いたのはオカザキヨットの「AXOPAR 28 T-Top」。「乗っていただいた時のワクワクするドライビング、爽快感、加速感、安定性脳がズバ抜けているフネ」と同社も自信を持って日本の市場に持ち込んだ同艇は中型艇部門賞に加え、Best Fun賞も受賞するなど、圧倒的な支持を得ての受賞となった。「驚きました。フィンランド設計の、既成概念を飛び越えた性能、色々な試みが花開いた素晴らしいボート。マリンの長い伝統を打ち破ろうという雰囲気が出ている」と山崎憲治実行委員長も絶賛した。

「SAVE YOUR LIFE」~あなたの命を守るために with Wear It チアリーダーズ~ 

  • 「SAVE YOUR LIFE」

「SAVE YOUR LIFE」

今年の2月1日から船の上ではライフジャケットの着用が義務付けられたが、これを周知するためのイベントが9日と11日に行われた。ライフジャケット着用義務化の観点はズバリ、“自分の命、家族や友人の大切な人の命を守る”ことにある。このことを前提に第3管区海上保安本部安全対策課の杉沢氏より「事故救命策 3つの基本」として、①ライフジャケットの常時着用 ②連絡手段の確保 ③海上保安庁の緊急ダイヤル「118番」の活用と、その大切さを呼びかけたほか、ライフジャケットの種類やサイズ選びの基本などが分かりやすく紹介された。

トップへ