中古船をオークションや個人売買で購入するのは危険

中古船をできるだけ安い価格で購入したいので、オークションサイトでの落札や個人売買サイトでの購入を目論む人がいます。

しかし、その裏には、販売店を仲介した正規ルートでは市場価値が低かったり、価格がつかないようなボートを初心者に高く売りつけようとする個人や業者が暗躍しているケースがあるので、気をつけたいものです。

中古船をオークションや個人売買で購入するのは危険

おそらく、同じようなサイズや年式の中古船について、販売店での売り出し価格とオークションを含む個人売買サイトでの入札価格や販売価格を比較すると、後者の方が格段に安いケースが多く見受けられるはずです。

しかし、あくまで、それは見かけ上の話で、オークションなどで売られている中古船の中には、沈没の履歴があったり、重大な不具合があったりなど、売り手側にとって都合が悪い情報が意図的に隠されている可能性があり、出品者からは、フェアな情報が事前に得られないことをわきまえておくべきです。

そして、そこに潜在するいくつもの大きなリスクは、操船時に発生する買い手側の生命のリスクにも通じるものなので、中古船をオークションや個人売買で購入することは絶対にやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です